Press "Enter" to skip to content

今どきの若者とのコミュニケーションのポイント

マイルドヤンキーとは?

アルバイトの多くは、10代~20代の若者だと思います。アルバイトを効率よく育てるためには、彼らの特徴をよく理解してコミュニケーションをとることが重要です。「マイルドヤンキー」という言葉を知っているでしょうか?「ヤンキー」と聞くと、昔の怖いヤンキーを思い浮かべてしまいますが、この「マイルドヤンキー」は一昔前のヤンキーとは違います。「地元を愛し、仲間と絆を愛する新保守層」というのが彼らの特徴で、特に25歳以下の若者を指すそうです。都会で一旗揚げよう、という意欲があまりなく、地元から出たがらないというのも特徴の一つです。良くも悪くも現状肯定派であり、一言でいうと、非常に保守的ともいえます。マイルドヤンキーのアルバイトの立場からすると、責任の重い正社員にはあえてなりたくない。仕事のやりがいや収入を増やすことよりも、家族や仲間を大事にすることに価値を置くのです。

風俗やAVも身近になっている

今の若者にとっては、彼らの仕事観も変化してきています。昔の若者と比べると、お金への欲求が確実に弱くなっているように感じます。少し前まで、アルバイトのモチベーションは、「給料がアップするから」という意見が多かったのですが、今は「やりがいを感じるから」「普通のアルバイトではあまり体験できない仕事ができるから」などとお金以外の理由をあげるスタッフが多くなりました。よく「最近の若者は無気力だ」なんていう意見も聞きますが、実際は彼らにやる気がないわけではありません。やる気になるポイントが明らかに変化しているだけなのです。例をあげると、最近の若者は以前のよりも風俗業界やAV女優など裏社会と言われていた業界にも気軽に足を踏み込むようになっています。


川崎にあるおすすめソープは?

モチベーションの方向を変える

もし、あなたが「最近の若者はやる気がない」とイライラしてしまうのなら、彼らのモチベーションの方向をこちらが変えなくてはいけないのです。先ほど言ったように現代の若者を「ボランティア世代」と名づけるとすると、このボランティア世代は「自分自身のことにはあまり強い欲求がないものの、誰かのためにはひと肌脱げる世代」と言えるでしょう。彼らがお金や給料アップよりも「仲間を大切にする」ことに価値を感じるのであれば、会社側も仲間を大切にする雰囲気を作るるなどといった工夫が必要です。彼らの変化に経営者や会社側が変化しなくては、会社としての成長はありません。自分たちの世代とは価値観や環境が違ってきている事実を受け入れることが大切なのです。

ゆとり世代の良い特徴を活かす

確かに、若手社員やアルバイトの若者たちと接していると、「やっぱりゆとり世代だなあ」と感じる瞬間も多いのは事実です。ただそれと同時に、彼らは「素直で集中力が高い」と感じることも多いのです。ですので、この世代の良い特徴を活かせれば、むしろ私たちよりも優秀なビジネスパーソンになるのではないでしょうか。アルバイトの良いところを活かすも殺すも、上に立つ上司や経営者しだいです。そのためにまずは、彼らの世代的な特徴を理解しつつ円滑なコミュニケーションを意識しましょう。このゆとり世代の特徴としては、「打たれ弱い」「欲がない」「指示待ち傾向」…などなど、ネガティブな特徴がよく聞こえてくる世代でもあります。しかし、決して世代がそうだから、ゆとり世代の若者がみんなそうかというわけではありません。